医療

肩こり解消には病院の薬と肩回し

あまりにも肩凝りがひどくなると、体調も乱れやすく病院へ行こうとする人も多いですが、病院での肩凝り対策は基本的にお薬です。
筋肉の凝りを柔軟にしたり、血行を良くするために医薬品を使ったり、痛み止めなどのお薬を処方されるので使います。
ですがお薬は一時的な緩和や、肩凝りの痛みを抑える本当に一時の物です。
現代は前のめりな姿勢になりやすい生活なので、肩凝りは一時良くなっても、酢部に肩凝りは復活します。
肩凝りの原因の問題解決ができていなければ、何回も繰り返すのは仕方のないことです。
病院で出してもらうお薬の利用も良いですが、肩凝りは筋肉の凝りが原因ですから、普段から凝らないように工夫をします。
肩回しはで木菟でも自宅でもできますので、パソコン作業などの合間に、休憩の時などは軽く前や後ろに肩回しをすることです。
簡単でどこででもできることですが、やってみると肩の凝りがほぐれるので、重症な肩こりでつらい思いをすることもなくなります。

Copyright© 医療 All Rights Reserved.